脱毛方法の違いについて

脱毛方法の違いについて

技術の進歩により、医療機関や脱毛サロンでは様々な脱毛方法を選べるようになってきました。
脱毛方法は大きく分けて三種類存在します。それが医療レーザー脱毛光脱毛ニードル脱毛です。
その中で脱毛方法にはそれぞれどのような特徴があるのでしょうか?

 

・レーザー脱毛

今現在最もポピュラーでレーザー照射を行う事により、メラミン色素の組織を破壊して毛根から脱毛を行う事が出来る脱毛方法です。
主な特徴としては、レーザー照射のみで脱毛を施術する事が出来るので時間がかからない、毛根からの脱毛でしっかり永久脱毛を行う事が出来ます。
しかし、レーザー照射が強力な為、医師のいる医療機関でしか使用する事が出来ません、また、レーザーの光により視力の低下や肌へのダメージ等リスク面での懸念が考えられています。
最近では対策を講じられていて、より素早く安全に脱毛を行える様になりました。

 

・光脱毛について

光脱毛はレーザーより微弱な光の照射により、メラミン色素の組織を刺激して脱毛施術をする事が出来ます。
微弱な光によって脱毛を行う為、肌に優しく安心して脱毛を施術する事が出来ます。
しかしその微弱な光から毛根そのものから破壊する事が出来ない為、永久脱毛という形ではなく、抑毛という形で処理される事になります。
また、産毛が薄い毛、細い毛などには反応が弱く脱毛を行う事が出来ないとされています。
ですが、その微弱な光によってレーザー照射では出来ない部分の脱毛を行う事が出来、自由度が高いとされています。

 

・ニードル脱毛について

ニードル脱毛は、毛穴一つ一つに針を刺し、針に電流を流す事により、脱毛を行う方法です。
一本一本丁寧に針を刺す事で、しっかり脱毛を行う事が出来ます。
しかし、針を刺す手間とコストがかかる為、時間とお金が高くなってしまうので、最近では使用している機関は減少傾向にあります。